伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >年間行事>節分会
節分会春季弘法忌頼家祭り盆踊り秋季弘法忌ご本尊特別拝観桂谷八十八カ所奥之院星祭除夜の鐘修禅寺御膳野外イベント中庭公開弘法市
晋山式

■ 節分会 (2月3日)


 本来は季節の変わり目、立春、立夏、立秋、立冬の前日を節分といいます。全国的にも立春の前日を年改まりの日とし、招福行事である豆まきを行います。当地でも昔は邪霊の侵入を防ぐため戸口にヒイラギの枝を刺したり、地区によってはイワシの頭をいぶしたりしましたが、今では廃れてしまいました。

 修禅寺の節分の「節分会」は、護持会が取り仕切りって行われます。公募による裃姿の年男、年女が本堂にて鬼打ちの祈祷を受けたあと、住職の先導でまず須弥壇や弘法大師像に向かって福を呼び、鬼門の外へ鬼を祓います。その後、本堂前の特設舞台から豆や紅白餅などをまきます。また、園児が的に放った矢で富くじ抽選会も行われます。
 
梅の花がほころぶ中、新春の福を呼ぶ行事で境内は賑わいます。

総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内