伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



同行二人


明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申しあげます。

 平成22年11月7・8・9日の桂谷八十八ケ所巡拝は、三日間晴天に恵まれ、大変気持ちの良い巡拝になりました。参加者は、1日目200名程。2日目180名程。3日目200名程と最近にしては少なめでした。しかし小生は、この程度の参加人数が一番巡りやすいし、また接待をする方々にも過度の負担がかからないのではないかと思っています。

一時期、1日600名という大変な数の巡拝者が集まったことがありました。当時修禅寺の御手伝いをしていた小生は、その時の様子をハッキリ覚えております。まず朝の受付けが戦争のようでした。我先きと御朱印・笈摺りへの印をねだる人々。又巡拝中、規則を守らず、声を荒げケンカ腰の人々。正直、その時は、この八十八ケ所巡拝にガッカリしたものです。

今でも25年程前、師匠(丹羽圓宗老師)と歩いた、八十八ケ所巡拝が忘れられません。当時は、100名以下の巡拝者だったと思います。のんびりと楽しく巡りました。中には、どんどん早く行ってしまう人、またゆっくりと遅れて来る人も何人かいました。しかし誰も声を荒げるでもなく楽しく巡りました。もう、あの時の巡拝には戻れないでしょうね。

八十八ケ所巡拝では『同行二人』と言う言葉をよく耳に致します。巡拝は一人で廻っても一人ではないぞ、弘法大師様(曹洞宗では、おシャカ様。また大いなる者と言ってもよいと思います。)と二人で廻っているのだぞと言う事です。

八十八ケ所巡拝は、限られた期間を設けて修行されますが、佛道から見た時、実は人生、そのものが巡拝と言えるのです。ですから、同行二人は、八十八ケ所巡拝の短い期間だけではありません。 生まれてから死ぬる日まで同行二人なのです。 悲しい時も一人ではありません。佛様と一緒です。寂しい時も一人ではありません。弘法大師様と居るのです。またお茶を飲む時も、飯をいただく時も、いつでも、どこでも佛様、弘法大師様といっしょなのです。それは、今・ココで佛様・弘法大師様と一緒という事です。

弘法大師様・佛様といっしょの今・ココを大切に生きようでは、ありませんか。平成23年は、どんな年になるか?どんな年でも何がおこっても、今・ココを丁寧に一歩・一歩踏みしめて、弘法大師様・佛様と一緒に歩いて行こうと思っております。

(2011年1月)
総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内