伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



また会おう!

 私の友人・いや尊敬する人に伊藤國雄さんというおとこがおりました。昨春、二月二十八日六十二歳で亡くなりました。彼は御兄おにいさんの経営する鉄工場で働きながら子供たちにレスリングを教え又茶道と禅を修行しておりました。
 初めて彼に会ったのは、二十年程前、龍泉寺住職となり坐禅会を始めたばかりの時でした。慎重は百七十センチ程。ガッシリした筋肉質の体。両耳が潰れていました。物静かな方でしたが、内に秘めた強い意志が感じられました。強そうな人だな~というのが第一印象です。
 しばらくして私をはじめ坐禅会の全員、伊藤さんの強い意志の力を実感する事になりました。私は、皆によく『坐禅中は、何があっても、動くな!』と話しておりました。ある晩の坐禅中、ムカデが伊藤さんを刺したのです。その時、彼はピクリとも動きませんでした。坐禅終了後、彼の腫れ上がった腕を見、話を聞いた時には、皆絶句。今でも坐禅会会員の語り草になっております。
 年一回皆で行く研修旅行には、いつも車の運転手。一緒に永平寺、宝慶寺、金沢大乗寺等へ行った事は、楽しい思い出です。
 小生が大本山總持寺へ単頭として上山する少し前より痔が悪化して坐れないと坐禅を休むようになりました。実は痔ではなく大腸癌だったのです。大本山總持寺の日曜坐禅会のある日、頭をまるめた伊藤さんが坐って居りました。 「来るのなら、知らせてくれれば良いのに。」と言う私に、はにかむように笑っていたのが印象的でした。大本山總持寺、可睡斎、そして修禅寺と忘れた頃に顔を出してくれました。そして時が経つにつれて少しずつ彼が弱っていくように感じたのです。
 亡くなる少し前に、病院を訪ねた私に、弱音をはいた事のない彼がこう言ったのです。「こんどばかりは、あやういようです。」と「一瞬、一瞬が本当に大切だと分かりましたよ。このカーテンの色さえ、もうこれで見る事ができなくなると思うと、今迄と違って見えてくるんですよ。」そして彼は、笑いながら言ったのです。「また会おう!!」と私も涙ながら言いました。「向こうで、また会おう!!」と。握手をして別れる時、「冷たい手だね。」「外はまだまだ寒いんですよ。」そんな話が最後でした。
 伊藤さんの御兄おにいさんより後日聞いたのですが、病状が進むにつれ痛みはそうとうなものだったようです。しかし死を恐れる様子もなく泰然自若として亡くなられたとの事。「禅を修行していた賜物でしょうか。」と言う御兄さんの言葉でした。
 禅の書物に『心をえきしてまざれば果證をと。果證とは決定けつじょうの義なり。』とあります。果證とは、證果とも書き、今・ココの果を證(悟り)とすること。すなわち『悟りとは決定する事。それは一瞬・一瞬はいを決めて生き切る事なのです。
 三年前、父の死に会いました。そして昨春、伊藤さんの死。二人の死を通し感じる事は、二人とも、いつでも、どこでも私を見守っているように思える事。そして私が死ぬる時、二人がきっと「よう来た!」と言って、迎えに来てくれるような気がするのです。
 "きちんと生きると死は自ずからきちんとしたものになる"  
この事を、二人の死から学びました。そして、誠を尽し、きちんと生きていれば、必ず、父と伊藤さんに再会できると思っております。
(2013年1月)
総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内