伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



歩歩諸佛を生む

 4月10日から11日、修禅寺檀徒並参禅会会員等25名にて1泊で大本山總持寺へ参拝致しました。小生が11日早朝の御両尊献粥ケンシュク諷経(總持寺御開山・瑩山禅師さまと二世・峨山禅師さまへ朝のおかゆを献ずる法要)の導師を拝命したためです。
 十数年前、大本山總持寺に3年間程『単頭タントウ(修行僧を指導し監督する役)』という役職で修行しておりました。久しぶりの大本山總持寺は、諸堂が新しくなり、境内も多少以前とは変わっておりましたが、やはり以前と変わらない緊張感があり、大変うれしく思うと共に身心が引き締まる感が致しました。
 1泊でしたが、大本山總持寺の空気を吸い、若い修行僧(雲水)達に接し、当時の事が思い出されました。それは、修行僧達のことです。
 「今の若いもんは・・・・」という言葉をよく耳にしますが、当時若い修行僧達と毎日生活を共にしていた私には、「今の若い者も、すてたもんじゃないぞ。」という思いが強くありました。打てば響く、そして純粋ですね。この猫も杓子も自由、自由と言っている時代に数年間ではあるが、修行道場の厳しい規則の中に身を置いた若者が、自由の社会に帰っていく時、どう言う風が彼らの回りに吹くのだろうか。毎朝四時からの坐禅や読経という無心の行を続けた若者は、我臭粉粉なる社会だけに居た人達と、どこがどう違って行くのだろうか等。内心、期待しながら彼らの将来を楽しみにしていたのです。
“勇猛の衆生の為には成佛一念にあり  懈怠の衆生の為の涅槃三祇に亘る”
という禅語があります。懈怠の衆生には、真の安心は、いくら待っても来ない。三祇サンギとは長い時間、永遠を言います。そして成佛は、一念すなわち今・ココにあると。
 勇猛の衆生とは、今・ココに力をいたす者。而今ニコンに誠を尽くす者と言ってもいいでしょう。絶対の安心は、沢山の事を知る事ではありません。外に求める事でもありません。今・ココのイノチを、精一杯そして丁寧に生きる事。成佛・真の安心は、ただその事だけにあるのです。
誰知歩歩生諸佛 諸佛單傳今日聲 (洞上句中玄より)


(2013年7月)

















総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内