伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



山門修復事業御協賛のおねがい

 拙僧儀、平成二十一年七月修禅寺へ入寺。平成二十三年十月には慈陰の下、幸に晋山式を修行させて戴く事ができました。
 小生が入寺した当時は、開創千二百年祭直後の事で、本堂等は改修工事も終り、落慶法要も無事円成し、修禅寺山内は、見違える程になっていました。残すは、前住職より引き継ぎました奥之院護摩堂の再建のみと思っておりましたが・・・・・。
 晋山式前の夕方。山門を閉めている時です。「ドドッ…」と言う音と共に山門上に掛かる額が落ちて来ました。数十キログラムになる額です。幸に小生の前に落下したので無事でしたが、もしこの額が頭の上に落ちていたらと思うと・・・・。
入寺直後より気が付いていた事ですが、当寺の山門は、かなり斜き、屋根瓦には、沢山の草がはえています。朝晩の門の開閉もきつくなり、時に門の下に瓦の破片や屋根の土が落ちている事もあります。柱・板等も古くなりカスカスの為一部分は応急修理を致しました。
実は、以前よりこの山門を何とかしなければと考えておりましたが、奥之院再建計画又本堂改修に莫大な資金をついやした事もあり、声を上げることができませんでした。
しかし、山門額が落ちた時より、まず始めに(奥之院護摩堂再建前に)、そしてできるだけ早く、この山門を修復しなければと思うようになりました。なぜなら、このままでは、大変危険だからです。とは言っても簡単な門を作る訳にもいきません。この山門は、修禅寺で一番古い建造物であり、文化財であり、また修善寺温泉場の顔だと思うからです。
宗門の祖師方(道元禅師・瑩山禅師)は、こう言われます。「寺院の建設修膳に必要以上に力を尽くす必要なし。専一に打坐弁道(坐禅修行)すべし。」と。釈尊は、弟子達にのこした遺教経の中で『少欲・知足』を説いています。又古佛趙州(ジョウシュウ)禅師は、小さな、雨が漏れる寺で弟子達と共に坐禅をして居ました。一度たりとも檀信徒に寄進をたのまずに。
しかし、恥ずかしながら、今の修禅寺は、観光寺院としての面が強いのです。もし修禅寺が観光客の受け入れを止め。観光に関する一切の事業から手をひいたら。市や町の沢山の人達がこまります。観光・修禅寺は、この地域に生活する人々と密接に関係しているのですから。だから、だから、安全な入口である山門が必要なのです。
もちろん、山内の者、特に僧は、日々の修行に精進しなければなりません。それは、出家者・僧の本分なのです。そして、もし修行が無い寺になった時には、人がこなくなるでしょうね。観光客さえも。観光事業にかまけて、修行もできない修禅寺では、一番先に小生が出て行きます。小生、富貴の為に僧となったのではありませんので。
千二百年祭に際し、檀信徒の方々より過分成る寄付を戴きました。これ以上檀家の皆様より寄付を戴く事はできません。しかし正直、千二百年祭という大事業后でもあり、資金面は、大変です。このような訳で、なさけない話ですが、縁のある方々より、いくらかの寄付を戴ければ幸いと思い、この文章を書いて居ります。
「やっぱり修善寺温泉・修禅寺が好きだ。」と言う方々からの思いに期待しながら。もちろん寄付を戴いた方々の社名・御名前等は、代々残る形で顕彰させて戴きたく思っております。
ぶしつけな、失礼な御願いですが、何卒何卒宜しく御願い申し上げます。
 
   

(2014年1月)

















総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内