伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



諸行無常

 
 『法』すなわち宇宙のありようを示した、三法印と言うおしえがあります。

一、諸行無常  すべては、一瞬たりとも止まる事なく移り変わって行く。
二、諸法無我  すべての有り様は、我というエゴを越えたもので、因縁果の法則により生滅変化する。
三、涅槃寂静  存在すると言う事は、必ず『いま・ここ』にあり、二度ともどらず、比べる事のできない絶対的なものである。

 今年二月の大雪。修禅寺裏の庭園(東海第一園)にある、松が倒れました。直径一メートル以上ある大きな松でした。幸いにも、園中央の池の中に突き刺さるように落ちたため、寺の建築物の損傷はありませんでしたが、回りのカエデ等の木が数本と石の灯籠が倒されました。また檀信徒会館と旧庫裡の間にある小さな庭が雪で埋り旧庫裡の屋根の一部が落ち、塀や木々が破損致しました。檀信徒会館の空調設備も一時使えなくなりました。寺の内外の被害が、すべて復旧したのは、なんと六月中でした。
 六月十日。修復中の山門上棟式。本当に工期までにできるのだろうかと気を揉ませている山門もやっと目に見えて形が整ってきました。落慶式は、九月二十三日(秋彼岸中日)の十時からです。山門両脇には、仁王堂が建ち、指月殿に安置されている仁王さまが遷座いたします。ぜひ御来山下さい。
 五月。六月。裏の庭園(東海第一園)のツツジ、ショウブ等の花が例年になく沢山咲きました。寺の責任役員の方々も「こんなに沢山、美しく咲いたのは始めてだ。」と話していました。
 すべては、移り変わっているのですね。修禅寺へ入り早五年。移り変わって行く『いま・ここ』を精一杯生きてきたつもりですが…。いつかは私も修禅寺を去り、そしてこの世をも去るのでしょうね。これは、必然なことなのです。
 春は、春の自然があり。夏には夏の。秋には秋の。冬には冬の自然があるように。私も、二十代。三十代…五十代。六十代と移り変っております。私と言う固定された者はないのですが、頭の中では、私、すなわち『吉野真常』を変らない者と固定してしまうようです。「今迄こうやってきたから。」「こうと決めたのだから。」と。
 移り変って行く世界であるから。目の前の事。いま・ここを精一杯生きようではありませんか・必ず死に行く身です。生き・生かされている今に美しい花をそえるよう生きようではありませんか。
    

(2014年8月)

   













総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内