伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



休歇キュウカツなる悟迹シュツならしむ

 昨年の十月は、一ヶ月間に十回の葬儀を執り行いました。これは今迄にない記録的なことです。 それもその中の一つは、修禅寺四十二世大全德潤大和尚。すなわち先代住職の葬儀なのですから。
 日常予定された沢山の行持がある修禅寺の事。その中に謂わば、強制的に分け入ってくる、突発的行持が葬儀なのです。それが十回も。
 葬儀の中、導師が唱える引導法語があります。 それは、故人の生涯。すなわち泣いたり、笑ったり、成功したり、失敗したりの人生、 その全てが、何から何まで佛様と共にあり、お悟りの表れである事を言っています。自分には、都合の悪い事さえも。 そして、故人がこの世を去った今、佛様と共にある時と場所は、まさに即今当処に現成されている事をも言っています。 すなわち、而今の風光。今・ココの山河大地に。
 正法眼蔵・現成公案の巻の中『悟迹の休歇なりあり。休歇なる悟迹を長長出ならしむ』とあります。 悟りの迹をやめる。悟り臭いようでは、ダメだと言うのです。 真の悟りは、悟り・迷いと二つに考える・頭の中の分別智上の事ではありません。 いつでも、どこでも。 すなわち、今・ココで佛様と共にある事に気付くことなのです。我々は日々、悟りの上に迷い。喜び、悲しみ、涙しているのです。もしその事が本当に納得できたなら、安心して生きる事ができます。 すなわち。安心して迷えもしますし、悲しむことができるのです。 『長長出ならしむ』とは、死ぬるまで、休歇なる悟迹(佛様と一つの日常)を精一杯生き切る事なのです。
 心は、行動となり
 行動は、習癖を生む
 習癖は、品性を作り
 品性は、運命を決する
 この言葉を本で読みました。
六十年間生きてきて、まったくその通りだとガテンしています。
 十代の私は、何をしたらいいのか。 生きる目的・指標等何もありませんでした。 二十代、太田老師と出会い、老師のようになりたい一心の私は、坐禅に力を致しました。 三十代、修行道場での生活も十年を過ぎ、僧としての自信も付きました。 そして四十代、皆と共に在ると気付き、修行(悟り)の跡を消す事を考えました。 五十代、修行道場の先生として、立ちましたが、まだまだ未熟、張りぼての虎でした。 六十代、少しずつ柔らかくなり、一生修行だと確信いたしました。そして……… 楽しみですね。 この世を去る時まで。
    

(2015年1月)









総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内