伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



恩師(心の師匠)

 今年二月四日、望月郁夫先生が 亡くなりました。九十五歳でした。 亡くなる三日前、先生宅を訪ねた 時は、少しお疲れの様子はありま したが、まだまだお元気そうでし た。私の心のどこかに、先生は必 ず百歳までは生きるに違いないと 言う思いがあったのは確かですね。
 先生が亡くなり、気付いた事が あります。先生の生前、他の人か ら、あなたの禅の師は誰なのかと 尋ねられた時、私は、こう答えてい ました。「太田洞水老師・丹羽圓 宗老漢……。」と。先生の名前が出 てこなかったのです。自分の人生 で一番影響力のあった人の名を。心 の底から尊敬し、大好きだった人 の名を挙げる事を忘れていたので す。いつもいつも私の近くに居て くれたからかも知れませんが。先 生には、申し訳なく思っています。
 葬儀の席で、こんなにも涙が出てきた事 はありませんでした。なんとか我慢しようといたしました。 読経に集中しようとガンバリましたが、涙が止まらないのです。 先生と一緒に過ごした思い出が次々と浮かんでくるのです。太田老師の葬儀でも、丹羽圓宗老漢の 時も。父の葬儀の時でさえ涙を出さなかった私が。
 太田老師の参禅会へ初めて伺った時に先生と出会いました。太田老師のお顔を知らない私は、老師の横に 坐している、背の真っすぐ伸びた、老古武士のような先生が太田老師だと思っていたのです。 先生と一緒に過ごした二年間、毎朝四時からの観音堂での座禅。 一炷(一回の坐禅)が五十分、それを三回(三炷)。その後朝の読経。 先生は正法眼蔵生死・現成公案等の巻、普勧坐禅儀…等々は暗誦しておられました。 読経後は先生宅でお茶をいただき、時に朝食までもいただいておりました。 私が随身した二年間、先生は、この行事を一日として休んだ事がありません。これは本当の事です。 足の痛みに耐えられず、ゴソゴソとする私に「動くな!お前は坐禅のプロになるつもりだろう」 と叱ってくれました。
 歩く姿も真っすぐ。坐禅も、もちろん真っすぐ。生きる事も本当に真っすぐな先生でした。
 僧堂での修行中、年に一度、先生のもとに帰りました。朝四時、帰ることを告げず、突然訪ねた 観音堂には、毎回、ローソクの火が灯り、先生の坐禅する、大山のような後姿がありました。 うれしかったですね。「世の中には、こんな偉い人が、こんなすごい人が居るぞ。」と僧堂へ 喜山した、私は、雲水(修行僧)達に話したものです、そしてその時、こう思った事も確かです。 『自分も、このような人になりたい。』と。
 毎日毎日坐禅をし、自然農法で野菜を作り、玄米を食べていた先生。 奥様と二人だけで、林に囲まれた家に住んでいました。子供もいず、老人二人だけの生活。 大変だったと思いますが、二人だけで楽しく、幸せだったに違いないと思っています。 子供はいませんでしたが、先生にお世話になった者や坐禅の弟子達は沢山居りました。
 小生は、先生に一番愛された弟子だと自負しております。
 奥様、只今一〇四歳。お元気です。

先生の戒名

至誠軒自照洞玄居士

●先生は、太田洞水老師が許した一番の弟子です。私が太田老師に 弟子入りをした時、太田老師は自信の病気の事等を考え、私を望月先生へ預けられました。
 私は、先生の禅者としての後姿を見て育ったと言っても過言ではありません。裏・表の無い、本当に 立派な人でした。

【旭滝大佛】
 今年六月一日、龍泉寺を見下ろす、山裾に大佛(大佛と言っても、それほど大きくありません。二・五メートル程です) を造り、その開眼式を修行致しました。
『旭滝大佛』と命名させて戴きました。またの名を『身代り大佛』と言います。 皆さまの悩みをココへ来て、大佛さまに聞いて戴き、悩む事を大佛さまに代わってもらい、帰った後は、それぞれの仮定、 仕事等に頑張ってほしいと言う思いから造りました。山裾で、人目にもあまり付きません。ぜひ来られて大佛さまと 相対して、悩みを聞いてもらって下さい。それでもダメな時は、ぜひ修禅寺住職・吉野の所まで。もっと悩みが重くなるかもしれませんが……。

 
 

(2016年8月)









総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内