伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



ごま『護摩』


 護摩(ごま) homaの音写。梵焼、火祭施法などと意訳する。智慧の象徴である火によって煩悩の(まき)を焼くという意味で、火を焚いて仏に祈り、円満なさとりを体現することを目的とする。もと拝火教の行った事を仏教に取り入れたもの。
 護摩の本尊は火天(かてん)であるが、火天の本地は不動明王である。したがって護摩で焚き上げる火は、不動明王。すなわち大日如来の智火を表現したものである。
<仏教日常辞典より>

 昨年八月下旬、小さい時からの夢が一つかないました。その夢とは、犬を飼う(犬とくらす)という事です。幼年期より動物・植物・鉱物等の自然が好きでした。その中で一番すきだったのが動物達です。小鳥・ウズラ・カメ・ウサギ・金魚・熱帯魚…等々を飼っていました。高校の時など、遠足へ行き、ペットショップでイグアナというトカゲを買って帰り飼っていたこともあります。しかし犬と猫は、飼えなかったのです。それは我が家が小さく、借家だったためだと思っていました。幼い私は、何回か我がままを言って小犬や小猫をもらって来た事がありました。しかしその度、次の日の朝には、いなくなっているのです。幼い私は、さとりました。我家では、犬や猫が飼えないのだと。大家さんのおばあちゃんが犬・猫が嫌いだったのですね。
 ごま『護摩』は、今私と一緒にいる犬(柴犬)の名前です。修禅寺は、現在曹洞(そうとう)宗という宗派に属しております。実を言うと一般的に曹洞宗には、護摩行法は伝わっておりません。しかし真言宗高祖弘法大師空海を開祖とする修禅寺には、代々『修禅寺護摩』という行法が住職だけに伝わっています。平成二十七年までは、年一回の護摩供養を修行しておりましたが、平成に十八年度より、修善寺温泉旅館組合が施主となり、年四回(春・夏・秋・冬)の護摩供養を修行しております。そんな訳で護摩という名前をいただいてしまいました。親バカのようですが、できた犬です。今年の三月で一才になりますが、ムダ吠えは、一切ありません。誰とでも親しげに接しています。昼間は、修禅寺の接客犬をしています。
 我が門派の祖、寶慶寺(ほうきょうじ)開山寂円(じゃくえん)禅師様には犬と牛がおそばに()り、禅師様の御修行を助けたと伝わっています。托鉢の時には、頭陀袋(ずたぶくろ)を首に掛け禅師様のお供をしたとも。
 正法眼蔵心身学道の巻の中に『いまのなんじ、いまのわれ、尽十方界真実人体なる人なり』とあります。尽十方界とは、十方面(東西南北四維(しゅい)上下)何から何までという事。それは、『今・ココ』の真実のようすです。すなわち、ナマの事実としての『今・ココ』の全てを体としてある事。実は存在するという事は、そう言うありようをしているのです。『今・ココ』という無常の中では、元々自・他がないのですね。全てが一つとしてある。その上に我々の思い(分別智)が、自・他を見ているのです。真実体は瞬時に移り変わっており、思いなど入るすき間がないのですから。  
 あなたも、私も、犬のごまも、『ココ』という宇宙一杯を、『今』という、二度と戻らない、移り変る瞬間を体として生きている物であります。すべてが、いとおしい存在であります。  

 一、寶慶寺(ほうきょうじ) 〒912-0434 福井県大野市寶慶寺1-2<電話>0779-65-8833 山号・(せん)EFA89B山。弘長元年(1261)寂円禅師を開山とする。

 二、寂円(1207-1299) 宋の人。天童山の如浄(にょじょう)に参学し道元を慕って来朝。その后道元の移錫に随って興聖寺より永平寺に移る。道元の寂後、狐雲懐弉(こうんえじょう)に参じその心印を受く、伊自良越前に寶慶寺を構えて初祖に請す。  

 三、寂円派 寂円を派祖とする。日本曹洞宗道元派の一派。法嗣義雲は正和三年(1314)永平寺に晋住し、頽廃していた堂宇・山規を中興し、以後永平寺の住持は、曇希・以一…等、三十七世石牛天梁にいたるまで寂円派の人々がつとめた。  
 永平寺十九世祚玖(そきゅう)の法孫・佛母(ぶつも)培苗は、伊豆修禅寺に住し、その後東海地方にも寂円派の教線は拡張した。
<一・二・三・とも禅学大辞典による>

小生も寂円派です。    

(2017年1月)










総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内