伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2019
2019年1月 new
愛と平和について思う事
人類とは何物なのか

2018年8月
二つの事件と動物行動学
異類中行

2018年1月
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)



生・老・病・死


 馬大師不安(ばたいしふあん)。院主問う。和尚近日尊候(そんこう)如何。大師(いわ)く。日面佛(にちめんぶつ)月面佛(がちめんぶつ)
 禅の書籍『碧巌録(へきがんろく)』にある公案です。
 馬大師とは、馬祖山に住した道一ど禅師のこと。馬大師が(やまい)重く寝込んでいる時、院主が御見舞に来て、こう尋ねます。「和尚、近頃御身体(おからだ)の具合はどうですか。」と。大師は言われた。「日面佛、月面佛。」日面佛・ふ月面佛とも『三千佛名経』に出ていくる佛の名。日面佛は寿命一千八百歳。月面佛は寿命一日一夜と言われています。また日月とは、もちろん日と月、そこから過ぎさる時間。光陰をも言います。
 馬大師にかわって私なら、こう答えましょう。「生の時は、生佛。老の時は、老佛。病の時は病佛。死ぬ時は、死佛。」と。
 道元禅師書『正法眼蔵生死の巻』に生死はと佛の御命(おんいのち)なりとあります。生死が佛の御命ですから、生老病死も佛の御命なのです。我々には、必ず生老病死という()(よう)があります。それは、今・ココの現実の姿でもあります。この有り様を『(くう)』と名付けました。生・老・病・死は、皆空の姿です。もちろん移り変る、今・ココが空の姿です。その空の姿にいろいろ思いを付け悩んでいるのが我々です。人の場合、(やまい)は単に(やまい)ではなく病気になるのですね。この場合の気は、こころもちの意味。こころもちが病むのです。()む時は、()む姿が佛の御命なのに。
 人間の、いや私の都合(つごう)やエゴなしに、純粋に素直に天地の姿を見て下さい。地球の誕生する前から、宇宙全体が(こわ)れたあとも、必ず移り変る無常の当体の今・おココを刻んでいます。永遠の今・ココを。
 人だけでなく、全ての物が、形・姿の有り様は異なっても、生・老・病・死という移り変わりをしております。必ず。地球上に長い時間存在すると言われる放射能も、いや地球・宇宙さえもです。
 死に向かう姿は、人や物それぞれで異なり、死に方もいろいろありましょう。しかし死は、いや老・病・死はすべての人や物に来るのです。私やあなたにも。絶対の永遠の今を精一杯生きようではありませんか。年をとっても、(やまい)の時でさえ精一杯生きましょうよ。精一杯生きた先には、必ず純粋な佛としての死があると思うのです。  

(2018年1月)










総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内