伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >修禅寺について >修禅寺住職 >住職法話

◆2018
2018年1月 new
法戦式
生・老・病・死

◆2017
2017年8月
『空』クー
世尊指地
(御誕生寺僧堂での提唱録)

2017年1月
地獄は一定すみかぞかし
ごま『護摩』


◆2016
2016年8月
天地有情
恩師(心の師匠)

2016年1月
退歩を学すべし
唯念上人を懐う

◆2015
2015年8月 
無常者即仏性
真の閑道人

2015年1月 
徳雲の閑古錐
休歇なる悟迹を長長出ならしむ

◆2014
2014年8月
諸行無常
摩訶般若波羅蜜

2014年1月
山門修復事業御協賛のおねがい
いつでもどこでも佛さまといっしょ

◆2013
2013年7月
歩歩諸佛を生む
現成公案

2013年1月
寺は文化財の宝庫
また会おう!


◆2012
2012年8月
誰家無明月清風
一遍上人に思う

2012年1月
晋山式に思う


◆2011
2011年8月
清貧
如去如来第29号より

2011年1月
同行二人
迷う時は迷う


◆2010
2010年1月
道は脚下にあり

2010年5月
師匠

2010年9月
父(生死は仏の御命)




※寺報『指月』バックナンバーはこちらからご覧下さい>>『指月』pdfファイル一覧

法戦式

平成二十九年10月二十五日奥の院主・大森寶泉尼の法戦式が修禅寺本堂にて修行されました。僧侶だけでも三十名程。一般の参加者をいれると訳一百名程が集まった大法 ()になりました。
 道元禅師が中国より帰朝され早々の開堂宣言に
当下認得眼横鼻、不被人瞞、便乃空手還郷、所以一毫無佛法
 (当下に眼横鼻直(がんのうびじょく)なることを認得(にんとく)して、(ひと)(あざむ)かれず、便乃(すなわ)空手(くうしゅ)にして(きょう)(かえ)る。所以(ゆえ)一毫(いちごう)も佛法なし。)という御言葉があります。佛法とは、法とは、当下の()(よう)。すなわち眼は横、鼻は直(縦)にある事。そして、その事実を認得することだと言うのです。当下の在リ様、すなわち今・ココの在り様。それは瞬時に移り変わっており、二度と同じ在り様はありません。その今・ココの在リ様を『法』と言う言葉で(から)め捕ったのです。法と言う、決った特別な(なに)かがあるのではないのです。そのことを道元禅師は、一毫の佛法無しと言われました。
法線とは、法を(たたか)はせる事ではないのです。そんな事できないのです。法は、ないのですから。しかし『(たたかい)』この場合、禅問答の応酬をいいますが、この禅問答の応酬自体が法の様子なのです。ですから(ちから)を致して問答するのです。極論を言うと、問答の意味あいではないとも言えます。(これは、当下に眼横鼻直なることを認得した人ならば)問い、答えている。その直下に法はあります。
 修禅寺三十七世・丘宗潭老師が小僧の時、当時禅定力天下一といわれた大薩和尚とかわされた禅問答が今に伝わっています。
宗潭「昨夜 石女夜生児(せきにょやしょうじ)、請師名を案ぜよ。(昨夜石女が子を生みました。師よ、名前を付けて下さい)」
大薩「男女の相を分かち来たれ、小僧のために安名せん。(その子は、男か女かどちらだ、答えたら名を付けようじゃないか)」
 その時、まだ小僧の宗潭老師はウロウロするばかりで何も答えられなかったと言う。
大薩「すみやかに去って 如何(いかん)と参究せよ。」と。
 法戦式当日、寶泉尼は、全力をもって、全ての問に答えました。問うも法。答えるも法。すばらしい法戦式となりました。

 しるべし佛家には教の殊劣を對論することなく、
法の浅深をえらばず、ただし修行の真偽をしるべし。

(正法眼蔵辧道話)

(2018年1月)







総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内