迷う時は迷う


 修禅寺では、毎週火曜日どなたでも参加して戴ける坐禅会を開催しております。午前九時受付け。九時半より約四十五分間の坐禅。十時半頃から小生が禅語録を読み、講義をしております。今、読んでおります語録は、『道元禅師語録』。その中に次の文章があります。

上堂じょうどうす。そう京兆けいちょう華厳けごん休静きゅうじょう禅師ぜんじう、「大悟底たいごていひとかえってまようとき如何いかん」。休静きゅうじょういわく、「破鏡重はきょうかさねてらさず、落花らっかえだのぼがたし」。師曰しいわく、永平今日華厳えいへいこんにちけごん境界きょうかいって、華厳けごん辺際へんざいひらかん。事已ことやむことをず、両片皮りょうへんぴたたく。し人って、大悟底たいごてい人却ひとかえってまようとき如何いかんわば、ただかれ向道わん、大海若たいかいもることをらば、百川応ひゃくせんまささかしまながるべし、と。

上堂。挙。僧問京兆華厳休静禅師、大悟底人却迷時如何。休静云、破鏡不重照、落花難上枝。師云、永平今日入華厳之境界、廓華厳之辺際。事不獲已、鼓両片皮。或有人問大悟底人却迷時如何、只向伊道、大海若知足百川応倒流。

 ある僧が華厳休静禅師に問います。「悟りを開いた人が迷う時はどのようでしょうか?(悟りの人は、迷うのでしょうか)」と。休静禅師は云われます。「破れた鏡(迷った時)は照らす事はできない(迷いぱなしだ)。枝から落ちた花(迷った時)は、もう枝にはもどれないぞ(迷う事だ)」と。

 修禅寺へ入山して早一年半が過ぎようとしています。 しかし、正直まだまだ迷う事ばかり。そしてついに、こう腹に決めたのです。『迷う時は迷う。何が悪い!!』と。

 先日、ある新聞社の取材を受けました。「御住職は、この修禅寺をどのような寺にしたいと御考えですか。御住職の夢は、何でしょうか?」と。実の処、この修禅寺をこのような寺にしたいと言う夢はありません。もちろん奥之院護摩堂再建。山門の修復。裏山の整備等……やらなければならない事は沢山あります。そう、できれば専門僧堂の復活も。しかし、これらも、私の真の夢、願いではありません。

 私の本当の夢、願いは別の処にあります。それは、
一、今・ココに誠を尽くす事。
二、死ぬまで坐禅修行する事。修禅寺へ入り、御付き合いをする方々の数も多くなりました。また不慣れな観光、伽藍整備、寺の経営等までも目を通さなければなりません。迷う事も多くなりました。

 私の一番の願い、今・ココに誠を尽くす。その誠を尽くすという働きの中に迷うという事もふまえております。そう、迷う時には誠を尽くして迷う。

 道元禅師様は、語録の最後にこう言われています。「もし大海が水で一杯になり、その水があふれ出たら、世界中の川は、さかさまに流れなければならなくなるだろう。」と。川の流れが下から上に向ってさかさまに流れる事は、絶対にありません。それは、『大悟底の人は迷う事がない。』などと言う事も絶対にないと言う事です。

 迷う時は迷う。悲しい時は悲しい。楽しい時は楽しい。ただ今・ココと一つ。今・ココに誠を尽くす事だけですな。今回の小生の話は、少々理屈っぽくなりました。

まよい大悟だいごはするは諸仏なり。
さとりに大迷だいめいなるは衆生なり。
<正法眼蔵・現成公安より>
(2011年1月)

当ホームページ内の写真や文章等の転載はご遠慮ください。
Copyright(c) Fukuchizan Shuzenji Temple All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 福地山 修禅寺