生・老・病・死

 
馬大師不安(ばたいしふあん)。院主問う。和尚近日尊候(そんこう)如何。大師(いわ)く。日面佛(にちめんぶつ)月面佛(がちめんぶつ)
 禅の書籍『碧巌録(へきがんろく)』にある公案です。
 馬大師とは、馬祖山に住した道一ど禅師のこと。馬大師が(やまい)重く寝込んでいる時、院主が御見舞に来て、こう尋ねます。「和尚、近頃御身体(おからだ)の具合はどうですか。」と。大師は言われた。「日面佛、月面佛。」日面佛・ふ月面佛とも『三千佛名経』に出ていくる佛の名。日面佛は寿命一千八百歳。月面佛は寿命一日一夜と言われています。また日月とは、もちろん日と月、そこから過ぎさる時間。光陰をも言います。
 馬大師にかわって私なら、こう答えましょう。「生の時は、生佛。老の時は、老佛。病の時は病佛。死ぬ時は、死佛。」と。
 道元禅師書『正法眼蔵生死の巻』に生死はと佛の御命(おんいのち)なりとあります。生死が佛の御命ですから、生老病死も佛の御命なのです。我々には、必ず生老病死という()(よう)があります。それは、今・ココの現実の姿でもあります。この有り様を『(くう)』と名付けました。生・老・病・死は、皆空の姿です。もちろん移り変る、今・ココが空の姿です。その空の姿にいろいろ思いを付け悩んでいるのが我々です。人の場合、(やまい)は単に(やまい)ではなく病気になるのですね。この場合の気は、こころもちの意味。こころもちが病むのです。()む時は、()む姿が佛の御命なのに。
 人間の、いや私の都合(つごう)やエゴなしに、純粋に素直に天地の姿を見て下さい。地球の誕生する前から、宇宙全体が(こわ)れたあとも、必ず移り変る無常の当体の今・おココを刻んでいます。永遠の今・ココを。
 人だけでなく、全ての物が、形・姿の有り様は異なっても、生・老・病・死という移り変わりをしております。必ず。地球上に長い時間存在すると言われる放射能も、いや地球・宇宙さえもです。
 死に向かう姿は、人や物それぞれで異なり、死に方もいろいろありましょう。しかし死は、いや老・病・死はすべての人や物に来るのです。私やあなたにも。絶対の永遠の今を精一杯生きようではありませんか。年をとっても、(やまい)の時でさえ精一杯生きましょうよ。精一杯生きた先には、必ず純粋な佛としての死があると思うのです。  

(2018年1月)


当ホームページ内の写真や文章等の転載はご遠慮ください。
Copyright(c) Fukuchizan Shuzenji Temple All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 福地山 修禅寺