伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >寺宝 >金剛力士像二体

金剛力士像二体


金剛力士像二体
 昔の修禅寺は広大な寺領を持ち、横瀬に総門があったため、横瀬大門の地名は今でも残っています。
この金剛力士像は、元来ははそこで寺を守護していたものです。いつの時代からか指月殿で丈六釈迦如来坐像の両脇に安置されるようになりました。金剛力士像は一般に山門あるいは須弥壇に阿吽一対で安置されているので馴染み深いものです。金剛杵をもって寺を悪人から守り、非法の者を撃破し、仏のそばにいて仏を護衛します。仁王とも称され、観音経では執金剛神として観音菩薩の応現した姿とされます。

 この二体の金剛力士像は、ある晩、土地の老婆の夢枕に現れ、仁王様の意志で横瀬から指月殿に移ったとの民話も残っています。この言い伝えに象徴されるように、金剛力士とは金剛石の如き堅固な意志力を持つと言われます。

 金剛力士像は鎌倉時代に活躍した慶派仏師による奈良東大寺の像に代表されるように、堂々たる男性的風貌で力強く表現されるものですが、指月殿のものはそれらの時代の像と比較して、誇張も控えめで様式化されています。
 釈迦像に引き続き昭和59年に解体修復されたこの金剛力士像二体は、像高183cm、一木彫りで、鎌倉時代初期に造仏された指月殿の釈迦像よりさらに古く、全国でもまれな藤原時代の作であるという事が判明しました。


総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内