伊豆 曹洞宗福地山 修禅寺
総合案内 修禅寺について 年間行事 寺宝 トップページ
>トップページ >寺宝 >宋版放光般若波羅蜜経一巻

宋版放光般若波羅蜜経一巻


宋版放光般若波羅蜜経一巻
 源頼朝を父に、北条政子を母に、源氏の嫡男として生まれた頼家は父の急死により二代目の征夷大将軍となりましたが、若い頼家は御家人たちの反発を受け、母方の北条一族と対立して実権を失います。やがて病気を理由に修禅寺へ幽閉され、一年もたたないうちに湯治中を襲われ、元久元年(1204)7月17日に非業の最期をとげました。
 尼将軍として実権を握った政子は非情の母とも思えますが、北条一族の策略に翻弄され、犠牲となった我が子にさすがに心を痛め、墓の側に多層塔を建立して中国宋時代の一切経(経・律・論の三蔵をはじめ、すべての仏典を収録した大蔵経)の数千巻にも及ぶ経典を納めて菩提を弔いました。
 
この経本はそのうち放光般若波羅蜜経の第23巻です。天地28.6cmの黄麻紙に墨摺された文字は、1行17字詰め30行で1枚とし、4枚つなぎの折本装で、昭和33年4月15日付で静岡県書籍文化財に指定されました。
 
 巻末にある豆州修禅寺の墨印の欄外に「為征夷大将軍左金吾督源頼家菩提 尼置之」とやや右上がりの墨書があり、北条政子の直筆とされています。 残念ながら徳川家康が幕府の安泰を願って全国から経典を集めた際にほとんどの経典は芝増上寺に移されたそうで放光般若経はこの一巻しか現存していません。


総合案内修禅寺について年間行事寺宝トップページサイトマップ交通のご案内